ステファノ-ベマーは近年、よりビジネス的なアプローチ、RTWシューズ、国際的な展開により、イタリアの古典的な靴の分野でますます重要なプレーヤーとなっています。 ここではフィレンツェの誇りを詳しく見ています。

私は世界中の靴工場やワークショップを訪問するとき,モスは、多くの場合、私は少し”がっかり”を取得します,必ずしも否定的な方法で,多くの場合、全く逆,しかし、ほとんどの場合、古典的な男性の靴とこの範囲の靴メーカーは、あなたが考えるものよりも大幅に小さくなっています. 今では慣れてきましたが、たとえば、ノーサンプトンの大手メーカーを初めて訪れたとき、天井が高く、高級なレセプションで、経営陣に少し上向きの鼻を持つ巨大な工場を想像しました。代わりに、普通の小さな工場、ドアベル、そして創業者のCEOと孫に会いました。彼らはすぐに友人のようで、いくつかのコブラーとブロガーとほぼ一日と夜を過ごしました。 イギリスやその他の地域で有名な、有名なオーダーメイドの家は、ほとんどの場合、小さなミニワークショップなどです。 もちろん例外もありますが、全体的には私が描いたものよりも小さく、アクセスしやすいものであり、多くの人が描いていると思います。 これは私がこのビジネスについて本当に好きなことの一つになっています、それはトピックに関与することがとても面白い理由の一部です。

Stefano Bemer bespoke sample, made in the famous Russian renlädret from 1786th.

Stefano Bemerのオーダーメイドサンプルで、1786年に作られたロシアの有名なレンラドレットで作られています。

The sole of the same.

同上ソール。

ステファノ・ベメル はまだいいとして、ショールームと工房となると、その敷地の広さにとても驚かされました。 アルノ川の南岸、サン・ニコロ通りにある教会を改装した3階建ての建物だ。大きなホールに入ると、壁際の棚には数多くのビスポーク見本、MTOバリエーション、RTWシューズが並び、部屋の中央には同社のビスポーク職人用の作業台がいくつか置かれています。廊下には、このブランドの贅沢な木製の靴箱がたくさんあり、アッパーを切り出し、クロージングを行う新しいパートに入り、すべての材料の在庫もここに保管されています。2階には、よりクリエイティブな作業が行われるスタジオのような場所があり、さらにショールームとリビングエリアがあります。3階の一番上は教室とでもいうのだろうか、ここで同社の有名な靴作りのコースが開催されている。

The main hall of Stefano Bemers haunt.

Stefano Bemersの隠れ家的なメインホール。

Bearings with RTW shoes.

RTWの靴が入った箱。

Rooms for cutting.

カットするための部屋

Here one cut out sole and heel pieces.

ここでは、ソールとヒールのパーツを切り出したもの。

Upstairs and the studio.

2階のスタジオ。

With more sample shoes.

より多くのサンプルシューズで

And at the top the "classroom".

そして上部には「教室」。

ステファノ・ベメールは、1983年にキャンティ地方のグレーヴェで、地元の靴屋を継いでそのキャリアをスタートさせました。その後、フィレンツェに移り、靴のデザインを学び、フィレンツェの老舗ビスポーク靴職人の下で見習いとして働くようになりました。その後、ベーマーは自分のビスポーク工房を始め、ますます大きな成功を収めた。年数を重ね、経験を積んだ彼は、靴を教えるために弟子を受け入れることが多くなり、現在、世界中で活躍している靴職人の中には、かつてベメルのもとで修行を始めた者も少なくない。2010年代初頭、ステファノは重度の肝臓疾患を患い、2012年夏、48歳の若さでこの世を去った。
一時はどうなることかと思いましたが、ベメールの元代理人でありパートナーでもあった、革バッグブランド「スクオーラ・デル・クオイオ」出身のトマソ・メラーニが会社を引き継ぎ(正確にはステファノ・ベメールの名前で新会社を立ち上げ)、新オーナーのもとで新たなスタートを切りました。新しいオーナーシップのもと、彼らはこの敷地に移り、RTWとMTOの靴を発売し、さらにステファノの職業継承の意志を受け継ぎ、靴作りの学校もスタートさせたのです。

RTW model in the typical pattern for Stefano Bemer. At his design is perhaps what he is best known for in terms of his own creations.

Stefano Bemerの典型的なパターンであるRTWモデル。彼のデザインで、最も知られているのは、彼自身のクリエイションでしょう。

ステファノ・ベメールの工場では、3人のマスター・ビスポーク職人、数人の見習い職人、その他のスタッフを含め、12人が働いています。ここでは、2種類のオーダーメイドシューズが作られています。通常のフルオーダーメイドは、お客様のご要望に応じて全て手作業で作られ、3,600ユーロから、シックスペンスオーダーメイドと呼ばれます。また、ブルービスポークと呼ばれるものは、もう少し安価でシンプルなもので、一枚革の靴底だけを提供し、既製の底の部品を使うことができ、靴底の縫製はミシンで行われ、€2 450からとなっています。納期は比較的短く、フィッティングに4~6週間、その後靴が完成するまでに6~8週間かかるそうです。さらに興味深いのは、フィレンツェを訪れている間にフィッティングした靴をわずか2日で仕上げてくれるエクスプレス・バージョンのオーダーメイドもあることだ。
同社のRTWとMTOの靴はフィレンツェのすぐ外にある小さな工場で作られており、RTWが1,150ユーロで始まる機械製のソールステッチで手シューゲイジングウェルトされています。

A skin with Russian renlädret mentioned above.

前出のロシアのレンラドレットを使用したスキン。

生産量は少ない。年間約150~200足のフルオーダーメイド、300足のブルーオーダーメイド、3000足のRTW/MTOシューズを製造しています。しかし、彼らは成長を望んでおり、小売業者と社内の両方で常に成長しています。昨年、ニューヨークに自社ショールームをオープンし、ミラノにもショールームがあり、香港にもショールームをオープンする予定である。
オーダーメイドの靴作りに関しては、現在ステファノ・ベメールで働いている人の多くが、ステファノ自身や2013年に新会社とともにスタートしたスクールで、ここでトレーニングを受けた人たちです。学校には毎学期10〜12人の生徒がおり、6ヶ月間、手作業による靴作りの基本を学びます。半年間の学費は1万1,000ユーロ。今、少なくとも2人の生徒が会社に残ると信じている。最も優秀な生徒を残そうとしている。先を見据えて行動しなければならない。

My favourite of all the shoes at Bemer's, a saddle oxford.

ベーマーズの靴の中で一番好きな、サドルオックスフォード。

Double monk.

ダブルモンク。

 Sample of classical Bemer-shoe.

クラシカルなベマーシューズのサンプル。

Derby during manufacturing.

製造時のダービー

Bottom-up work in progress.

ボトムアップの作業進行中。

The inner parts of a shoe.

靴の内側のパーツ。

Excess leather is cut away.

余分な革をカットしています。

Exotic leather of different kinds.

さまざまな種類のエキゾチックレザー。

Examples of the various steps of the manufacturing of a pair of full bespoke.

フルオーダーメイドのペアの製造の各工程の例。

Nice button boots.

素敵なボタンブーツですね。

Shoe tree on display.

展示されているシューツリー。

Work of one of the students in the shoemaking school.

製靴学校の生徒の作品。