本日、英国のプレミアムブランドGaziano & Girlingは、ブランドの新シリーズを発表しました。Classicです。より伝統的なラストの形とモデルで、ウエストなどの加工はやや控えめで、価格も少し下げて、新しい顧客層を開拓しています。


Gaziano & Girlingは、2006年の創業以来、英国スタイルの現代的解釈で、伝統ある英国の高級靴業界に旋風を巻き起こし、その生産内容は、通常のシリーズと少し遅れて発売された非常に高級なDecoシリーズともにオーダーメイド生産から派生したものになっています。近年では、軽快なサマーシューズ「フレスコ」シリーズや、レディースコレクションも発表しています。また、RTWとMTOに加え、非常に有名なビスポーク部門も持っている。

Classic so it suggests. Punched cap when Churchill on the new round R18 read.

とてもクラシック。新丸型R18ラストにパンチドキャップトゥのチャーチル。

次のステップは、彼らをビッグにしたものから一歩下がって、より伝統的なものを行うことです。クラシックシリーズは、2つの新しいラスト、クラシックラウンドのR18とソフトスクエアトゥのS45で作られた少数のモデルで構成されており、どちらも従来のラットに比べてより控えめで伝統的で、フィッティングEXはスタンダードEとワイドFの中間です。素材も、本革のヒールスティフナー、ベイカー社のオークバークなめし革のソール、甲革の一級品のカーフスキンなど、非常に高いレベルのものを使用しています。

The undersides of the new line are more like, for example, Edward Greens or Crockett & Jones Handgrade shoes.


ボトムスは、例えばエドワード・グリーンやクロケット&ジョーンズ・ハンドグレードの靴のようなイメージです。

価格水準はG&Gのレギュラーシリーズより低く、クラシックは約820ユーロ(695ポンド)、チャッカブーツはさらに100ユーロで発売される。そのため、このような価格設定になっています。このシリーズは、オンラインストア、ロンドンのサヴィル・ロウにある旗艦店、トランクショーなど、独自のルートでしか販売されないため、マージンも少し厳しくなることが疑われる。

Not only is it completely traditional, a couple of the models are offered in so-called museum calf leather with a slightly flamy finish.

完全にトラディショナルなだけでなく、いくつかのモデルには、少し斑のある仕上げのいわゆるミュージアムカーフレザーが提供されています。

本当によくできたイギリスの靴が欲しいけれど、Gaziano & Girlingの通常の靴は彼らの好みには少しモダンすぎると感じている人たちが大勢いるのです。例えば、Savile Rowで買い物をするような保守的な客層は、通りにいる様々なテーラーがG&Gの靴を補完するためによく指さしますが、彼らはこの伝統的な靴のシリーズを高く評価するかもしれません。

The nice penny loafer Chadwick in brown suede.

ブラウンスエードの素敵なペニーローファー「Chadwick」。

Full brogue derby in grain leather with double leather sole.

グレインレザーを使用したフルブローグダービー、ダブルレザーソール。

 

Slightly square toe on the S45 leather, here dressed with a punched cap toe oxford in plum museum.

S45ラストのソフトスクエアトゥに、プラムミュージアムのパンチドキャップトゥオックスフォードを合わせています。

The chukan in dark brown suede has wensum rubber sole. Photos: Gaziano & Girling

ダークブラウンのスエードを使用したチャッカは、ウェンサムラバーソールを使用しています。写真はイメージです。ガジアーノ&ガーリング.