このジョージ・クレバリーの古いビスポークのサンプルは、彼らやニコラウス・トゥシェックなどの初期の英国メーカーが、当時どのようにボトムを作っていたかを示す良い例です。スリムで非常にアシンメトリーなウエスト、小さく短いヒール、大きくカーブした胸部(ヒール部分は正面向き)、バックは真鍮の釘のみ。

 

確かに端正な美学が貫かれていますね。現在では、もう少しヒールが大きく、ウエストがやや左右対称で、外側を少し持ち込んだものが一般的です。私の理解では、どちらのウエストのバージョンも、正しく作られていれば、構造的にはしっかりしていて良いのですが、美意識の問題なのでしょう。現在、このスタイルはあまり好まれませんが、将来的には復活するかもしれませんね。