Akira Tani

日本出身だがイタリアに拠点を置くオーダーメイドの靴メーカー、谷明は、すぐに業界で最も宣伝されているメーカーの1つになることを指している多くのことを持っています。より多くの人々が今日どのように服を着るかに非常に適したややカジュアルなハウススタイル、世界で最高の仕上げのいくつか、そしてフルオーダーメイドのためのわずか2,300ユーロ(VATを含む)の値札。 シューゲイジングはフィレンツェで彼を訪問しました。

 

アルノ川の南側にある一方通行の小さな通りで、まだフィレンツェの中心部にあります.2つの素敵なつま先が分かれたダービーが店の窓に置かれています.まだ看板も何もないので見落としがちですが、こちらが谷明。彼がここに来てまだ数か月しか経っていないことは、比較的まばらな家具しか置かれていない敷地内にまだはっきりと残っています。 2019 年に Stefano Bemer ですべてのビスポーク シューズの仕上げを行う仕事を辞めた後、彼はフィレンツェのアパートで自分のブランドを立ち上げました。

アキラ・タニは基本的に始めたばかりで、パンデミックが襲う前に日本に戻って最初のトランクショーを行っていました。しかし、彼が日本人であることを考えると、彼はトランクショーのために家に帰り続けることができました.
– これらがなければ、私は過去 2 年間を乗り切ることができなかったでしょう。なぜなら、フィレンツェは厳しい制限とここに旅行する人が誰もいなかったからです。しかし、これらの日本の顧客のおかげで、私はベースを持っていました、と谷明は言います。

「新型コロナウイルスの時期に日本に旅行するのは、まだ面倒くさい」と思うかもしれません。くそーまっすぐ。彼は年に 2 回行き、東京、福岡、故郷の大阪でトランクショーを行う前に、すべての旅行は 2 週間の検疫から始まりました。 13年ほど前、すべては大阪で始まりました。

Bespoke shoemaker Akira Tani.

ビスポークシューメーカーの谷明さん。

The entrance to his new showroom and workshop.

彼の新しいショールームとワークショップの入り口。

A few samples.

いくつかのサンプル。

Clean work.

靴底エッジアップ。

Beautiful square waist.

綺麗なスクエアウエスト。

高校卒業後、大阪の古着屋に就職。彼はそこで同僚の一人である西山昭義と親交を深めました。 Aki と呼ばれる彼には、靴職人になる夢があり、しばらくして日本を離れ、ロンドンに住み、ビスポークの靴職人 Jason Amesbury の下で修行を積みました。その後、日本に帰国し、John Lobb Ltd. や Foster & Son の修理やアウトワークを行い、2014 年に自身のブランド Ann Bespoke を立ち上げました。おそらく多くの読者に知られています。谷明は彼の友人から大きな影響を受け、2010年にアキがロンドンから戻ったとき、アキラは彼と一緒に靴を作り、靴作りにも夢中になりました.

他の多くの日本人と同じように、谷明はヨーロッパで靴作りに彼の旅を追求することにしました。 2012年、イタリアのフィレンツェに移り、靴メーカーのSakで働き始め、ラスティングカットなどを行いました。 しかし、週末に彼はStefano Bemerのボトムメーカーである日本人の宮川誠二に会い、彼から靴作りを学びました。
-Seijiは私の靴作りの旅のために非常に重要だった、彼は最初に私に基礎を教えてくれたし、また、私はステファノベマーで取得するのに役立つことができ、明

A magnificent loafers, with sole edges you could cut bread with.

靴底のエッジが鋭く、パンも切れるほどの素晴らしいローファー。

A bit more dressy look, but with the cordovan taking it down a notch.

ややドレッシーな印象ですが、コードバンを使用することでワンランク上の着こなしに。

Bevelled, blind welted inside of the waist.

ウエストの内側に面取りされたブラインド ウェルト。

Close-up.

閉じる。

The waist edge.

2014年、ステファノ・ベメル特注ワークショップで活動を開始。 最初は、彼はいくつかの修理や洗練された靴、そしてそのようなより基本的なものをしました。 夕方と週末に彼は自宅で靴作りを訓練し、時間の経過とともに彼はワークショップでより重要なことをするようになりました。。
– ステファノ・ベメルワークショップは小さなセクションに分かれており、1 人がより特定の分野に特化しており、これだけで作業しています。
アキラはイン靴底作りを行い、ラスティング進み、最終的にはすべてのオーダーメイドの靴の仕上げを行うことになりました。

ここで彼は本当に輝いた。 ベメルでの最後の 3 年間、彼は仕上げを行いました。つまり、靴底のステッチが行われ、レザー 靴底のチャネルが閉じられた後、彼が引き継ぐことになりました。彼はかかとを作り、ウェルト、靴底エッジ、ヒールを仕上げる広範な作業を行いました.彼は非常にシャープでクリーンな仕事で、ベーメルの靴の仕上げの評判を上げました (一部の読者は、シューゲイジング・ビスポーク・アワード)。しかし、彼にはまだ大きな夢がありました。自分の靴ブランドを作ることです。

だから、3年前、2019年に、彼はステファノ・ベメルを去り、自分自身にちなんで名付けられたブランドで仕事を始めました。
–私はこれが意味するより広い日常生活が好きです。 私は社会的な男だ、私は旅行し、顧客とこれらの部分を満たすのが好きです。 私はブランドを構築する仕事が好きです。 靴作りだけでなく、他の部分も行うことができます。

最も挑戦的な部分は、彼が最も経験が少ない場所でもあり、それはラスト作りです。 宮川誠二に少しずつ学び、本を読み、独学で勉強し、訓練してきたが、今では試行錯誤のプロセスである。
–そのため、金具の数は記載しておりませんが、私とお客様がそのフィット感に満足していただくために必要な金具の量をしております。 時にはそれは1つで十分です、時にはいくつかが必要です。 最終的な結果は、ここで重要なすべてです。
そして、彼が苦労するたびに、彼はアドバイスを与えることができる日本のアン・ビスポークで彼の友人Akiを呼び出します。

Fitting shoes that recently was tried on, and which he was about to work with modifying the lasts.

最近試着された靴、そして彼が修正しようとしていたラスト靴を試着しました。

Shelf with older fitting shoes.

古いフィッティングシューズの棚。

Akira Tani at his workbench.

作業台での谷明さん。

Rasping.

ガリガリ。

A variety of tools.

さまざまなツール。

A selection of hides.

皮の選択。彼はそのほとんどを、優れた品揃えを提供するミラノの卸売業者から購入しています。

谷明さんを訪問したときは、時間が限られていましたが、ワークショップで持っていたサンプルシューズを何時間も見ることができたので、本当に残念でした。 前述したように、谷明は仕上げの技術で有名であり、私は実際にベマーの靴で彼の作品を見てきましたが、私はまだここで彼の作品を見て感銘を受けました。 今、彼はまた、彼の願いにそれをすべて行うことができたとき、あなたは素晴らしいです全体を取得します。 それはちょうど非常にはっきりと、特に最近行われ、後者のサンプルに、偉大なシャープネスで行われ、過度に光沢のあるか何かではありません。

アキラは、古い学校のイタリアの靴作りの伝統を愛しています。これは、今日のイタリアの靴に関連するものよりも細長いラスト色が少なく、色が少ないことを意味します。 靴の感触は、ほとんどのドレスシューズのオーダーメイドのメーカーよりもカジュアルで、例えば、主に正方形のウエストまたは正方形の外側と内側に面取りされたウエストがあり、選択された革はしばしばスエード、エンボス加工された穀物またはシェルコードバンである。 それは今日の日と年齢で非常に着用可能な靴ですが、靴愛好家が感謝するすべての洗練とスキルで作られています。 私自身は素敵なドレスシューズとスリムな斜めのウエストを崇拝しますが、私は本当に谷明の靴に興味をそそられたことを認めなければなりません。

それはスタイルが素敵で、作りがトップクラスであるだけでなく、それがあるべきものをはるかに下回っている価格レベルです。 今、私はそれが新しいブランドであり、より確立されたものがそうであるように彼が充電できないことを理解しています。 しかし、実際にすでに(少なくともほとんどの部分で)経験豊富な人によって作られたこのレベルの靴のためのラストシューツリーを持つVATを含む€2,300の始 たくさんのお金、確かに、しかし他の多くの非常に手頃な価格と比較して。 これらの価格が上昇することを期待してください。

Round toe last oxford, in burgundy Llama calf.

ラウンドトゥラストオックスフォード、バーガンディラマカーフで。

Black wingtip.

黒い翼端。

One of Akira's own shoes, in cordovan.

アキラ自身のコードバン製の靴。

Peach bottom.

桃底。

Lovely character.

可愛らしいキャラクターの豚革。

そのため、日本では、谷明はすでにある程度の注目を集めており、The Rake と Men’s Ex に掲載された後、その人気は拡大しています。今年の春にヨーロッパで協会が開かれ、彼が新しい場所を整理したことで、フィレンツェでのビジネスの量も増え始めました。
– たとえば、韓国、ドイツ、スウェーデンからの顧客がいます。もちろんこれからも日本に行きますし、他の場所でもトランクショーをやりたいと思っています。

それは彼が望むようにすべてが行く場合、私はそれを期待するだろう、彼はすぐにかなり忙しいだろうことは明らかです。 そして、彼はそのために計画しています。 すでに9月には、彼はワークショップで助けてくれる見習いが加わります。
-私はフィレンツェとイタリアが大好きなので、ここから離れて移動する予定はありません。 これからも靴作りの旅を続けていきたいと思っています」と谷明さんは言う。
フィレンツェは、すでに広範なリストに、別の偉大なオーダーメイドの靴職人に恵まれています。

Superb split toe derby.

スウィートなスプリットトゥダービー。

His main last shape is this slight soft square one.

彼の主なラスト形は、このわずかに柔らかい正方形の形です。

Clean square waist.

すっきりとしたスクエアウエスト。

Sole edge.

靴底エッジ。

Neat heel.

すっきりヒールワーク。

Top view of the three.

三体を上から見たところ。

The edge finishing on this loafer was among the best I've seen.

このローファーのエッジ仕上げは、私が見た中で最高のものでした.

Look at the marked edge here.

ここでマークされたエッジを見てください。

World class finishing.

ヌバックのグレインレザーも素敵です。

Bottom.

下。

Another great loafer.

また素敵なローファー。

Old school Italian style split toe derby with the long toe.

ロングトゥのオールドスクールイタリアンスタイルのスプリットトゥダービー。

Inside view.

内部ビュー。