Category

バイヤーズガイド

バイヤーズガイド

バイヤーズガイド – 柳町 弘

ヒロ・ヤナギマチ氏は、過去15年間に確立された日本のビスポーク靴メーカーのニューウェーブのパイオニアの一人である。MTO、MTM/セミビスポーク、フルビスポークを展開し、新しく開発されたインターナショナルラストやヨーロッパ、アメリカへの訪問も予定されており、我々にとって最も興味のある日本のメーカーの一人です。 私がフレームワークとしてオーダーしたMTOのスプリットトゥダービーを中心に、このブランドの大きなバイヤーズガイドをお届けします。

Continue reading

バイヤーズガイド

バイヤーズ・ガイド – Ebayで掘り出し物を見つけよう

品質の靴に興味がある人のため Ebay は、実際の金鉱山することができます。新しいと中古の靴の両方の範囲は巨大であるし、余分なビットを従事するエネルギーがある場合は、実際の掘り出し物をするチャンスが増加します。以下は、いくつかの良いヒントです。

Continue reading

3人のアウトサイダー, バイヤーズガイド

バイヤーズガイド – スリーアウトサイダーズ №11

Three outsidersは、あまり知られていないブランドにスポットを当てたシリーズです(スウェーデンのサイトでは11位まで来ており、それに合わせて英語版のShoegazingでも11位からスタートしています)。 今回は、低価格帯の高品質な靴を提供するスペインの新進気鋭のブランド、長年の実績がありながらまだあまり知られていないスペイン人ブランド、そしてトルコで作られたイタリアらしい靴を持つアメリカ人ブランドについて紹介します。
Continue reading

カルロス・サントス, バイヤーズガイド, ミッドレンジ, レビュー

レビュー – カルロス・サントス 7201 ブラガ コニャック

ポルトガルのカルロス・サントスは、長年水面下で少し賑わいながらも、広く定着することがなかったメーカーです。来週の土曜日、彼らは シューゲイザー・スーパー・トランクショー はストックホルムにあり、皆さんと私自身が少しでも彼らのことを知るために、彼らの定番ラインからライトブラウンのグッドイヤーウェルトの3アイレットダービーのレビューを紹介します。

Continue reading


From the archive


Articles continued:

チーニー, バイヤーズガイド, レビュー

レビュー – Cheaney Imperial Holyrood Bronzed Espresso

Cheaneyはイギリスのノーサンプトンにある大手メーカーで、数年前にImperialという新しいトップラインを発表し、オークバークなめしのソールやかなり過激なフィドルウエストが特徴です。当初は製造に問題があり、結果的に納期が大幅に遅れたこともありましたが、現在ではImperialラインの作業工程も安定し、人気も高まってきているようです。Shoegazingは1足をテストしました。

Continue reading

インスピレーション, バイヤーズガイド, 店舗案内

バイヤーズ・ガイド – ロンドンのお店

ロンドンは、古典的な品質の靴に興味がある人のための世界で最高の都市の一つです。イギリスの首都であるロンドンには、数多くの靴屋やオーダーメイドの靴屋があり、基本的に探しうるほぼすべてのものが揃っています。Shoegazingでは、ロンドンを訪れる予定がない方でも、何百枚もの写真からインスピレーションを得ることができるよう、ご案内しています。

Continue reading



Close