私を含め、ほとんどの人は、靴を磨くときに靴クリームを塗るためにある種の布を使用することを好み、場合によってはソールの縁とアッパーの間のスペースに塗布ブラシを使用します.しかし型押しグレインレザーの場合は、靴全体にブラシを使うメリットが大きい

 

型押しグレインレザーの靴を布で磨いた経験のある方なら、靴全体にクリームを均一に塗るのが少し難しいと感じたことがあるでしょう。模様のくぼみに溜まることが多く、通常のスムースレザーのようにクリームが革に浸透しません。今日私たちがグレイン レザーと呼んでいるものは、基本的に、無地のスムース レザーに使用されるロールで平らにするのではなく、パターン プレスでプレスすることによってレザーがその構造を持っているハイドのみです。靴に使われる「ナチュラルシボレザー」のサプライヤーは数社しかありませんが、シワの深さなどに非常にばらつきがあることが多いため、比較的珍しいものです。ただし、一部のグレイン レザーは、通常シュリンクン カーフと呼ばれる自然な折り目が強化されるように、スキンを収縮させて作られます。知っておくと興味深いのは、一般的に、多くのストレッチ マーク、裂け目、虫刺されなどの外観上の欠陥がある低品質の原皮が、エンボス加工されたグレイン レザーに使用されることです。これが表示される場所を滑らかに隠します。少し一般化すると、最高の原皮は滑らかなフルグレイン レザーになり、表面的なダメージが大きすぎるスキンはグレイン レザーになり、表面的なダメージと弾力性の低下やその他の欠陥の両方がある原皮は、グレイン レザーが修正されていると言えます。

grainputs-1

ソールエッジとアッパーの間にシュークリームをブラシで塗るのが一般的ですが、シボ革の場合は他の部分に使用しているブラシを使用することもお勧めします。写真: Zimmermann &キム (上の写真: エポーレット)

しかし、実際のトピックに戻ります。布でクリームを塗ると、ひだに溜まりやすいので、靴の上に乗せるときは大きめのブラシで余分なクリームを払い落とせば問題ありません。ただし、クリームをより均一にのばすには、塗布ブラシを使用すると優れています。それは本当に論理的です.ブラシはキャビティに入りやすく、クリームをどこにでも均等に出すことができます.まだ行っていない場合は、次回はグレイン レザーの靴にブラシを塗ってみてください。ただし、つや出しには、このタイプの革にも布を使用するのが最善です。また、つや出しを主に使用するつま先の部分も、グレイン レザーの場合は非常に伸びるため、比較的滑らかです。