英国の靴メーカー、キャロライン グローブスは、ヨーロッパで女性用ビスポーク シューズとブーツの有名ブランドの 1 つです。現在、彼女は、ビスポーク シューズと同じ高水準で作られ、14 spi ソール ステッチでハンド ウェルトされた標準ラストの 2 つの MTO モデルを紹介しています。

 

Bespoke shoemaker Caroline Groves.

オーダーメイドの靴職人、キャロライン・グローブス。

Caroline Groves は、靴作りにおいて 30 年以上のさまざまな経験を持っています。彼女は整形外科の世界に足を踏み入れ、2003 年にロンドンで婦人靴のビジネスを始めました。自身のブランドでの仕事の量に応じて、John Lobb Ltd. と Foster & Co. のアウトワーカーの仕事でいっぱいになりました。息子。現在、彼女はイギリス中部のイブシャム郊外にスタジオを構えていますが、クライアントとのミーティングのためにロンドンを頻繁に訪れ、世界中の他の主要都市を定期的に訪れています。彼女のスタイルは明らかに古い伝統的な婦人靴とブーツのモデルに基づいていますが、場合によってはより現代的でモダンなタッチが加えられています.キャロラインが、世界中の人々が注文できる標準的な靴型のさまざまな MTO フットウェアを導入している現在、キャロラインがさらに進歩したいと考えているのは、これらの分野の一部です。

Some examples of her bespoke shoes, here a button shoe.

彼女のビスポーク シューズの一例、素敵なツートン カラーのボタン シューズ。

最初のモデルは、ビスポークのクライアントの間で最も人気のあるモデルで、クラシックなタイプのハイヒール ブーツ、12 ペアのアイレット オックスフォード ウィング キャップ フィット ブーティです。 14 spi (1 インチあたりのステッチ) でステッチされたソールを備えたハンド ウェルト構造で作られ、アッパー レザーで覆われた彫刻が施された木製のヒール、シルクの裏地、キャロラインのために特別にフランスで織られた手縫いのステイとレースがあります。深みのあるダークブラウンの色合いのベジタブルタンニンなめしレザーで作られています。このブーツの名前は、「茶園での瞑想」を意味し、日本の伝統的な色の 1 つである「ロコチャ」に由来しています。

The Rokocha boot.

ロコチャブーツ。

Wood carved heel covered in the same veg tanned leather as the upper.

アッパーと同じ植物なめし革で覆われた木彫りのヒール。

14 spi sole stitch.

14 spi ソールステッチ。

Emerald silk lined.

エメラルドシルクの裏地。

数週間後、別の MTO モデルが発売されます。これは、Caroline Groves がデザインしたよりモダンなタイプのブーツで、今日のビジネスウーマンにとって非常にエレガントでありながら着用可能です。これはアンクル丈のツートーン ジップ ブーツで、パターンのスイープ シェイプを備えた黒と白のレザーを使用しています。また、これはタイトなソール ステッチでハンド ウェルトされ、角ばった形状のスタック レザー ヒールを備えています。
どちらのモデルも EU36 ~ 41 のサイズで利用でき、納期は 10 ~ 12 週間です。価格は非常に高額で、Rokocha で約 3,800 ユーロですが、女性用のハイエンドのビスポーク シューズに近いものが得られます。違いは、標準的な持続時間だけです。しばらくの間、男性用の靴を製造するオーダーメイドのメーカーがこれを提供することはありませんでしたが、最高水準で作られたこのよりアクセスしやすいタイプの靴が女性用にも提供されているのを見るのは良いことです.

The second MTO model, a more modern take.

2 番目の MTO モデル、よりモダンなブーツ。

Clean bottom.

きれいな底。

Squarish heel. All pictures. Caroline Groves

角ばったヒール。すべての写真: キャロライン グローブス