小さな毛穴のある非常に密度の高い革は、一般に、動きのある部分でも輝きを放ちやすい.若い子牛ほど皮の密度が高いため、数十年前は標準的な子牛の革であったとしても、現在このタイプの革は通常ベビーカーフと呼ばれています。

 

上記の日本のビスポーク靴メーカー Main d’Or の靴は、ドイツのなめし工場である Freudenberg のビンテージ ボックスカーフ皮で作られています。 90 年代からある可能性が高く、現在は皮なめし工場はもう存在しませんが、レシピと一部のスタッフはポーランドとワインハイマーの皮なめし工場に移っています。昔と同じものではありませんが、それでも良いものです。