昨日、フランスの高級ブランドであるエルメスが、JMウェストンからタンネリー・デュ・ピュイを買収することが正式に発表された。これにより、エルメスは、高級靴用カーフレザーの世界最大のサプライヤーである2社を両方所有することになった。このことが、同じくDu Puyから皮革を大量に購入している他のフットウェアブランドにどのような影響を与えるかは、まだわからない。

 

フレンチ エルメス John Lobb Parisは、英国ノーサンプトンのRTWシューズとパリのビスポーク、そしてカーフレザーを使ったバッグやアクセサリーを展開しています。つまり、良い素材のニーズは本当に大きく、ヨーロッパでの肉食が減り、良い皮革へのアクセスが悪くなる一方で、需要が増えている時に、良い皮革をしっかり供給できるように、大企業が様々なタンナーを買収することが近年増えてきているのです。中でもエルメスは数年前にタナリー・ダノネを買収し、ほぼ同時期に大手靴メーカーのJMウェストンを傘下に持つEPIグループがタナリー・デュ・ピュイを買収している。いずれもクラシカルな高級靴に使われるカーフハイドでは世界最大のタンナーで、世界中のメーカーがこの2つのタンナーから皮革を購入しており、大手がオーナーになるとある程度は影響があるようです。特に、ダノネからは小ロットでの注文が難しく、フランスのファクトリーショップで購入せざるを得なくなりましたし、前払いなどの要求も高くなり、特に中小のプレーヤーにとっては難しくなっています。その結果、世界中の様々な独立したビスポーク靴メーカーなどのような本当に小さなメーカーだけでなく、高品質の靴を作る中堅メーカーも、卸売業者を経由して簡単に良い素材を手に入れられるようになり、その結果、価格が上がることもよくあることなのです。

 

Tanneries Du Puy is located in the Auvergne region in the south of France. Picture: Le Blog de Viviane

南仏オーヴェルニュ地方にあるタナリー・デュ・ピュイ。写真  マイミルのテキスト

 
エルメスがデュピュイを買収したことで、他の市場にどのような影響があるかはまだわからないが、ある意味、デュピュイが独立からJM Westonの手に渡ったときほどの差はないだろう。一方、エルメスは大手タンナーの両方を所有し、さらにいくつかの小さなタンナーを主要オーナーまたはパートオーナーとして傘下に収めているため、革の供給に関してより強力な力を持つようになった。プレスリリースでは、エルメスは、主にDu Puyの生存とフランスの雇用を確保するために購入を行うとしている(と可能EPI、JMウェストンとDu Puyの経済は最高ではありませんでしたが、私はそれがより深刻な何かだったとは信じがたい見つける)、エルメスが主に気にすることは、大規模な範囲を要求する顧客によって購入した製品の品質レベルを維持するために十分な良い材料へのアクセスを持つことであるので、これは明らかにただのでたらめだ。エルメスはビジネスをしているのであって、慈善事業ではない。もちろん、できるだけ良いイメージで見られたいとは思っているが。