ほぼすべてのタイプのクラシックまたは伝統的な構造の靴に共通していることの 1 つは、つま先の形状を保持し、足を保護するためにつま先補強材を使用していることです。補強材の使用は、当時流行していた靴の種類に応じて、何世紀にもわたって行われてきました。

 

このトピックは、最近 StyleForum のスレッドで取り上げられました。靴作りに関する多くの本を書いた Frommer II は、D.A. の助けを借りました。著名な靴史家であるサグト氏は、著書 Art du Cordonnier から英語へ (Art of the Shoemaker)) は、1767 年にフランス人の M. .ド・ガルソー。

The latest English edition of the famous shoemaking book from 17.

1767年に出版された有名な靴作りの本の最新英語版。

Saguto は、つま先部分の裏地と甲革の間に配置された、伝統的に作られたすべての靴や他の多くの靴に見られる硬い部分であるつま先補強材、またはつま先パフの進化について彼が知っていることを要約します.つま先に形を与えて足を保護し、見た目も機能もそのままにします。

Saguto が見つけた最も古い情報は、1660 年代のもので、男性の靴で鋭い四角いつま先のタイプが流行していました。次に、非常に厚い革片を靴型の上に引っ張ってから、上部の革を長持ちさせ、層の間に少量のペーストを入れました.しかし、剥がされた補強材が縫い目などで固定されていなかったことを考えると、その昔のペーストだけで、補強材はしばしば巻き込んで着用者の足を傷つける傾向がありました.歴史上、同じ時代の婦人靴にもつま先補強材が使用されていましたが、ここでは裏地とアッパー レザーの間に安全に挿入され、ハンド ウェルトが行われたときにアッパーに縫い付けられたので、今日のつま先補強材と非常によく似ています。補強材の素材として使用されたのは主に厚い布であったという事実を除けば、作られています。

d

記事で紹介されているのは、ニューヨークの美術館 The Met のコレクションからの靴です。これは 1660 年から 1675 年の年代の男性用四角いつま先で、つま先が補強されている可能性があります。

Beautifully decorated women's court

1690~1700 年代の美しい装飾が施された女性用フランス コート シューズで、おそらくテキスタイルのつま先補強材が付いています。先のとがったつま先は当時の新しいファッショナブルなものであり、18 世紀には女性の靴でより一般的になりました.

歴史の少し後の 1680 年代から 1750 年代にかけて、非常に高いスクエア トゥ、別名ボックス トゥが流行しました。これらの一般的な解決策は、インソールを伸ばしてつま先まで前に持ってきて、別のボックスピースをそれに突き合わせて縫い付けることでした(革の2つの端を互いに「突き合わせて」置き、サドルステッチを縫います)千枚通しの穴が互いに向かい合っているエッジの中央で交わる 45° の角度から)。その後、アッパーはこれの上に続きました。
18 世紀の婦人靴の場合、つま先は四角から尖った形になり、後には丸い/アーモンド形になり、つま先の補強材は一般的にぼろ紙または厚紙でできていました (おそらく、「ショートカット」と物事をより簡単にする方法と言えるでしょう)。 /cheaper は歴史上も常に使用されてきましたが、材料の使用には他の実際的な理由があったのかもしれません)。

In the 1800s the toe box became in general became higher on men's shoes, usually even higher than here. these are a rare pair of utilitarian men's shoes dated 1725-1750.

1800 年代には、一般的に男性用の靴のトウ ボックスが高くなり、通常はここよりも高くなりました。これらは、1725 年から 1750 年に製造された珍しい実用的な紳士靴です。これらは非常に頑丈なつま先を持っています。

これらの期間中、「通常の」丸いつま先の靴がまだ使用されていましたが、それらは常にソフトトゥであり、補強材は一切使用されていませんでした. 19 世紀後半になると、紳士靴にも婦人靴と同じように裏地が付けられるようになり、同じように裏地と甲革の間につま先補強材を挿入するようになりました。伝統的な手作り靴の革製トゥパフの作り方が、今日のスタンダードになったのです。

British

18世紀後半の英国の「毎日の」紳士靴で、つま先補強材がまったくありません。

今日のビスポーク シューズなどは、100 ~ 150 年前とまったく同じ方法で、ベジタブル タンニンなめしの厚い革片から補強材を作り、革の層の間に貼り付けてペーストで固めています。大量生産された靴の場合、1900 年代に革製のつま先補強材からはるかに迅速で安価な celastic 補強材 (プラスチックを含浸させた生地) に移行し、工場で製造されたプレミアム グッドイヤー ウェルト シューズにも使用されています。かかとの補強材が本革で作られていても、つま先はプラスチックであり、革とセラスティックのつま先パフの実用的な利点は、より高い材料、特に製造コストに見合う価値があるとは見なされません.

A pair of balmoral boots made in the 1920s.

1920年代に作られたアメリカンバルモラルブーツです。今日の手作りの靴のように、裏地と甲革の間に挟まれた適切な革のつま先補強材で作られています。上のすべての写真: メット

革製のつま先補強材をゼロから作る場合、オーダーメイドの靴職人の標準であるように、多くの作業が必要です。

Basically all factory-made Goodyear welted shoes today have celastic toe puffs, which are these sheets that then are heat formed on the last in a quick, easy and cheap way.

基本的に、工場で製造されたすべてのグッドイヤー ウェルト シューズには、今日のセラスティック トゥ パフがあります。これは、これらのシートを熱成形して靴型をすばやく簡単かつ安価に成形したものです。