スプリット トゥ、特にスプリット トゥ ダービーは、近年人気が高まっています。このモデルのつま先の縫い方は、完全手縫いのものから完全機械縫いのもの、見た目の違うもの、つま先が分かれているのではなく飾り縫いのあるものなど、さまざまです。ここでは、ほとんどのバリアントを示して説明します。

 

次の記事では、エプロンの縫い目のさまざまなバージョンを紹介します.それらはつま先の縫い目と同じか似た方法で行うことができますが、多くの場合は異なります.ただし、ここではすべてつま先の縫い目に接しています。

We start with the most classic,

私たちは、通常スキンステッチと呼ばれるスプリットトゥシームの最も古典的な「オリジナル」バージョンから始めます.これは完全に手動でのみ行うことができます。

This photo shows relatively well how it's done.

この写真は、それがどのように行われたかを比較的よく示しています。革は高品質のフルグレインレザーである必要があり、2 つの部分が「突き合わせ」られ、側面が互いに向かい合っている必要があります。次に、革の途中に穴を開け、通常は豚の毛を針として両端から糸を挿入し、しっかりと引っ張ります.このタイプのステッチは、正しく行われた場合、非常に強力です.

adsad

このバージョンでは、パーツが肉側に対して肉側に配置され、端の近くで縫い付けられています.ステッチは機械または手作りのいずれかで作成できますが、ここでは Vass によって手作りされていると思います.写真: ピクチュウロ

adds

スペイン語 Yanko によるこのバージョンは少し特別です。それは最初に側面を機械で縫い合わせ、穀物面と穀物面を合わせてから正しく折り畳み、いわばその上から手作りのステッチが行われます.ミシン縫いを先に行う理由は、生地が整ってから手縫いの方がやりやすいからです。写真: シームレスビスポーク

A very common version in the lower price segment is solely machine stitched.

低価格セグメントの非常に一般的なバージョンは、機械で縫われています.また、ここでつま先の縫い目は、つま先の 2 つの部分を木目側に合わせて配置し、機械で縫い合わせてから、右に折りたたんで行われます。写真: ヘンリーの息子たち

A similar version.

低価格交渉の非常に一般的なバージョンは、機械で縫い合わせています。写真: ヘンリーの息子たち

Now we move over to versions that

ここで、技術的にはつま先が分かれていないバージョンに移行します。残念ながら、とにかくそう呼ばれることがよくあります。私は、たとえばノルウェーのブルッチャーまたは類似のモデル名としてそれらを参照することを好みます。または、これが行われたものであり、実際の分割がない場合は、たとえば「逆ステッチつま先」(このタイプについては以下を参照) と書くことを好みます。つま先が分かれていると間違って言っています。これらの場合は、基本的に飾り縫いの種類が異なります。これは実際には何も悪いことではありません。多くの場合、それらは作成が比較的進んでおり、多くの場合手作業で行われます。ここでは、オールデンがつま先の縫い目 (およびエプロン) を外側から革全体に縫い付けています。多くのローファーモデルなどのように、エプロンのみのほとんどの靴では、これがよく行われる方法です.写真: ガブッチ

adsa

これは同様の方法で機械で作られています。ここでは、革に小さなスリットを入れて、複数の革から作られているように見えますが、1つの完全な革で作られているように見えます.

This version can look very similar to a

このバージョンは、記事の最初に示したスキン ステッチ スプリット トゥ シームに非常によく似ていますが、単なる装飾ステッチでもあります.簡単に作ることはできませんが、良質のフルグレインレザーを使用する必要があります。途中で同じタイプの手作りステッチを行いますが、革全体でのみ行われます。これは、革を十分に引っ張るいわゆる逆ステッチです。見た目が似ていること。これは、作業する完全なピースがあるため、2つのピースをスキンステッチするよりも簡単です(「簡単」ではなく「簡単」であることに注意してください)。これは、機械で穴を開ける場所で行うことができます次に、最も一般的な手縫いを行います。

スプリットトゥダービーモデルの歴史について詳しく知るこちらの記事.