まだこれらのヒントの 1 つは、あなたの多くに明白ですが、私は驚くほど多くのこのことについてまだ間違っていることに気づきました。それは、靴ひも/バックルを正しく、足が靴の中で必要な場所に保持されることを確認についてです。

これは1年半ほど前のスウェーデン版シューゲイザーでも少し触れた話題ですが、イタリーゲンテのコンサルティングを始め、トランクショーなどを一緒に行うようになってから、多くの方に自分で靴を試すお手伝いをしてきましたが、思った以上に多いことに気づき、そのため別に記事にする価値があると思うようになったのです。
靴のひもは、完全に個別に締められるので、できるだけうまく快適に座れるようにするための見事なデザインです。特に、5つ以上のアイレットを持つ靴は、そのための優れた可能性を持っていますが、少ないももちろん機能です。モンクの靴などのバックルはより制限されますが、ほとんどの場合、合理的にそれらを調整することができます。

 

A shoe which not have the laces tighten enough, which results in space at the ankle and a foot that most likely is sliding around in the shoe. Picture: StyleForum

靴紐が十分に締まっていない靴は、足首に空間ができ、靴の中で足が滑っている可能性が高いです。写真 StyleForum

 

これは、人々がしばしば、かなり緩く締められた靴ひも、できれば固定された結び目で、一度も結ぶことなく、ただ引っ張って脱いだり履いたりすることができる別のスニーカーで行くことに慣れていることから来る病気なのかどうかはわかりません。それは、人々が靴紐を締めるのに慣れていないことが理由です。というのも、意外と靴紐を締めない人が多く、足を少し前に出した状態で靴を履いて歩くと、本当に緩くなってしまい、足がパカパカしてしまうのです。これは明らかに間違っています。

靴を履くときは、かかとがヒールスティフナーと同じ高さになるようにします。座った状態でつま先を上げ、足のかかとを床に打ち付けて、かかとがきちんと戻っているか確認します。次に、靴ひもを下から締め、結び目まで丁寧に作業し、最後に靴ひもを引っ張った後に結びます。もちろん、狂ったように締めすぎて足がしびれるようではいけませんが、靴ひもやバックル、あるいはそのようなタイプの靴がある場合には、その助けを借りて足を完全に固定することです。靴紐をきちんと締めてこそ、正しいフィットの靴は快適というか、本当の意味で快適になるのです。例えばかかとや履き口の両脇に隙間がある場合は、靴がきちんと張られていない、もしくはフィットしていない状態です。そうすると、靴の中で足が動いてしまったり、かかとのズレが生じたりして、どちらも好ましくないのです。ですから、靴紐の締め方が足りない、靴の中で足が固定されていないという自覚がある方は、すぐにでも正しい締め方をする練習を始めてください。

Boots should be tightened all the way up. Picture (top picture as well): Cobbler Union

ブーツは最後までしっかり締めてください。写真(上の写真も)。 コブラーユニオン