伝統的な構造の靴、特に縫い目のある靴は、ほとんどの場合、リゾリューションやリペアの可能性を強調して販売されています。まるで永遠に修理ができるかのように。しかし、そう簡単なことではありません。ここでは、最も一般的な製法の可能性と欠点、そして再ヒール化やリゾーリングが可能な条件について説明します。

 

リヒーリング

リヒーリングは、ラバートピーの装着やハーフソール交換と合わせて、ソールとのかみ合わせを完全にフリーにすることができ、自動的に必要な場合はフルリソールで行うことができる。一番気をつけなければならないのは、以前このブログでも紹介しましたが、一番奥のラバー部分をすり減らす前にヒールを固定し、ヒールリフトで履き始めることです。トップピースのゴムと革は耐久性があり、摩耗に耐えるように作られていますが、リフトを入力すると、彼らはより単純な革 (またはも繊維板アレンエドモンズやオールデンなどがある場合) で作られて、ほとんどの RTW 靴にある早く損傷を取る、これらを交換する必要がある場合は、cobbler バランスとはるかに仕事をしなければならないとすぐにより複雑で、したがってより高価な手順になることです。

En klack på Dainite-sulad sko som är ordentligt nött.

ダイナイトソールの靴のかかとが激しく磨り減っている。この靴はとても厚いのですが、ここではオーナーがほとんどリフトまですり減らしてしまっています。

Här efter omklackning, med helt ny gummidel. Bilder: Davidsons skomakeri

ここでは、ゴム製のトップピース全体を交換したリヒール後を紹介します。写真はこちら。Davidsons skomakeri.

ヒールを交換する場合、通常、後ろの部分だけがゴムで残りは革の工場出荷時のバリエーションか、トップピース全体がゴムか(ゴム底なら当然これが標準)を選ぶことができる。前者は通常、もう少し高価です。リヒーリングは通常、基本的に無限に行うことができますが、比較的知られておらず、あまり一般的ではありませんが、とにかく知っておくと面白いことがある危険性があります。それは、使用した真鍮製の釘が、ヒールから侵入する湿気によって経年劣化すると、インソールにダメージを与え、最悪の場合、革が多孔質になって新しい釘が刺さらなくなることがある、ということです。真鍮の釘の合金(真鍮は銅と亜鉛の合金で、亜鉛が少ないほど腐食に強い)、インソールの品質、靴の使用方法など、さまざまな側面が関係してきます。このようなリスクがあるため、多くのビスポーク靴職人は木製のペグしか使用しません。しかし、前述の通り、リスクがあってもあまり差し迫ったものではないので、安易に敷衍する必要はないでしょう。

靴屋さんでの履き直しは、トップピースより下のヒールリフトが磨り減っている場合はもっとかかりますが、ヨーロッパでは20~30ユーロ程度とそれほど高くはありません。ただし、この価格は世界中で大きく異なるので、これはあくまでピンポイントでの方向性であることに注意してください。

 

ラバートピーを貼る

レザーソールにラバートピーを貼ることは、レザーソールが地面に着く前にすぐに貼る人もいれば、せっかくのレザーソールをこの方法で壊してしまうことを想像できない人もいて、意見が分かれるところです。靴職人が新しい革底を数ミリ削ってゴムの摩耗部分に取り付けるのではなく、せめて革底を使用してからゴム天板を取り付けるのが良いのではないか、というよくある主張を繰り返すだけで、これ以上深い議論に入るつもりはない。レザーソールの感触は好きだけど、リソールにはお金をかけたくないという方は、レザーソールのトピーを取り付けたり、最も摩耗しやすいつま先の先端を金属製のトゥタップやフラッシュメタル、ラバートゥタップ( 詳細はこちらの記事)で保護することも可能です。

Snyggt ditsatta slitsulor i gummi. Bild: The Shoe Snob

レザーソールが一度も使われないうちに、きれいにラバートピーが取り付けられていて、残念に思うかもしれませんが。写真シューズ・スノッブ

しかし、注目に値するのは、トピーを履くだけで、その部分だけ変更してより高価な resoling を避けるために計画することはできません、少なくとも何年も着用する予定の高品質の靴である場合です。アウトソールだけでなく、フットベッド、RTW の靴のコルクペーストで構成されていることが多い、限られた寿命、逃亡、時々 を交換する必要がある素材、シャンク (木、金属やプラスチックで通常であるアーチ下の補強) が緩くなるか破損、最悪の場合、インソール亀裂 (以下について参照) です。

ラバートピーを履くには、靴屋さんで20ユーロ程度かかります。

 

レゾルブ・ブレイク・ステッチシューズ

ブレイクシューズ(さまざまな構造方法のわかりやすい概要については、この投稿を読んでください。ここでは修理の側面に焦点を当てています)は、多くの人が思っているのとは逆に、簡単にリソールすることができます。しかし、ここで問題になるのは、いわゆるマッケイミシンという、靴のつま先部分まで届く特殊なロングアームミシンが必要なことです。これは一般的ではありませんが、持っているコブラーも少なくありません。また、ブレイク構造を採用しているメーカーの中には、工場でリゾーリングサービスを行っているところもあります。ウェルト製法の靴と同じように、ブレイク製法の靴でも、腰を残してつま先までの部分を交換するだけのハーフソール交換ができるのです。

En amerikansk skomakare framför en modern variant av McKay-maskin. Bild: Yelp

現代版マッケイミシンを前にしたアメリカ人コブラー。写真Yelp.

一方、ブレイクステッチシューズで可能なリソール数は限られているという事実には注意が必要です。これは、縫い目がインソール、アッパーレザー、アウトソールといった靴のすべてのパーツを貫通していることに起因しています。再縫製の際には、縫い目を完全に取り除き、新しいステッチでこれらのパーツを再びまっすぐに縫い付けなければなりません。つまり、新しいステッチは元のステッチ以外の場所に入れられ、リゾーリングのたびに新しい穴が開き、特にアッパーはチーズのようにくり抜かれ、穴によって弱くなり、ひずみに耐えられなくなるのです。リゾーリングが何回できるかは、いろいろな状況によって異なるので一概には言えませんが、1~2回ということもあれば、4~5回ということもあるようです。また、ブレイクステッチを外すと、アッパーとインソールを接着剤で固定している部分がなくなるので、これが緩む恐れがあり、その場合は、オリジナルのラストを使用して、完全にバランスのとれた靴を作り直すのが理想的です。

ブレイク/ラピッド構造の靴は、このカテゴリーの中間に位置する修理方法で、その下にはグッドイヤーウェルト加工が施されていると言えます。アウトソールのみを交換し、ミッドソールが良い状態であれば、グッドイヤーウェルト製法の靴のアウトソールを交換するのと全く同じように機能します。しかし、ミッドソールやインソールも交換する必要がある場合は、通常のブレイクステッチシューズの場合と同じ位置づけとなります。

ブレイクステッチシューズのヒール交換を含むハーフソール交換は約70ユーロ、フルリソールは約130ユーロです。工場に返品する場合、価格は大きく異なりますが、通常は100~150ユーロです。

 

グッドイヤーウェルト製法で作られたレゾルブシューズ

グッドイヤーウェルトの靴は、何度もリゾリューションされる機会に恵まれていますが、実はいくつかの事実がこれを少し下げているのです。その理由を合理的に理解できるように説明しますが、少しわかりにくかったら申し訳ありません。

ウェルト構造の全体の素晴らしさは、靴の中で最も重要な取り付けポイントである、アッパーレザーとインソールを一緒に固定している部分に触れることなく、アウトソールを簡単に変更できることです。グッドイヤーウェルト靴に対して行われる最も一般的な批判は、全体の建設は、実際には接着剤で一緒に開催される、このキャンバス リブは、インソールに接着されているそう冷たい gemming で行われている (いくつかの例外は、たとえば JM ウェストン、人はまだ時々 フル革インソールがまだグッドイヤー マシンで縫う) です。このキャンバス地の帯に、アッパーレザーとウェルトをグッドイヤーシームで貼り付けます。キャンバス地のリブは、インソールから緩んだり、摩耗して切れたりすることがあります。少し緩んだだけなら、接着剤で簡単に元に戻せますが、広範囲に渡って緩んでいたり、折れている場合は、キャンバスリブ全体を交換する必要があるかもしれません。その後、靴はそのバランスを失わないように、元のラストに座っていることが望ましいですが、これはメーカーの工場で行われる必要があります。これらの問題がどの程度一般的であるかは、大いに議論されるところである。私は、時々起こるとは思いますが、一般的ではありません。

En bindsula som får plirbandet ditsatt i Gaziano & Girlings fabrik.

Gaziano & Girlingの工場で、インソールにキャンバス地のリブを取り付ける。

En genomskärning av en grövre, dubbelsulad sko. Inringat är kanvasremsan. Notera också hur tjockt korklagret är, för att fylla ut hålrummet.

重厚なダブルソールシューズのカットスルー画像。グッドイヤーウェルト製法の靴は、キャンバスリブの隙間を埋めるためにコルク層が厚いことにも注目。画像はイメージです。Styleforum.

グッドイヤーウェルトとハンドウェルテッドシューズのもうひとつの機能的な違いは、グッドイヤーはキャンバスリブを接着し、ハンドウェルテッドはインソールから直接ホールドファストを切り出していますが、グッドイヤーミシンは靴職人のステッチ/サドラーズステッチの代わりに、チェーンステッチをステッチしていることです。靴職人の縫い目は、一針一針が独立してロックされているので(ラピッドマシン/中底縫いミシンで作られるソールステッチは、靴職人の縫い目には及ばないものの、より優れた別のタイプのロックステッチで縫われます)、一針が緩んでも他の部分はそのままなので問題はありませんが、チェーンステッチはこのロック性がないので、一針が緩むと周囲のものにも影響が及びます。修理の仕方に違いはないのですが、とりあえず知っておいて損はないでしょう。

グッドイヤーウェルトの靴は、ブレイクシューズと同様、修理できる数が限られているのが大きな理由で、素材に新たな穴を開けるリスクがあるからです。これはウェルトとアウトソールを繋ぐ縫い目にも言えることで、つま先の前などをすり減らすことなく、しっかりと手入れをしていても、何度かリソールをしているうちに、新しい縫い目でウェルトが弱くなってしまい、交換が必要になることがあるのです。ウェルトの交換は、靴職人が行う場合は、ほとんど手作業で、アッパーの革とキャンバスリブにすでに開いている穴を縫い付けるので、靴に新しい穴が開くという点では問題はない(高価なグッドイヤーマシンを使える靴職人はごくわずかである)。しかし、工場で行う場合は、新たに穴を開ける機械で行うので、甲革が弱くなってしまいます。そして、ここで問題になるのは、工場が靴の修理や改修をするとき、たとえそれが本当に必要でなくても、ウェルトも交換することが多いということです(そのほうが、たとえ段差ができたとしても、実際には簡単で、他のリソール作業も新しいウェルトがあればより簡単になりますから)。

ここで、グッドイヤーウェルト製法の靴のリソール可能な数を制限していると言えるパラドックスが発生する。理想的な流通は、まずコブラーに何度もリソールをさせ、ウェルトが磨り減り、および/またはジェミングさえも緩んで、より適切な見直しが必要になったとき、彼らはオリジナルのラストを持ち、それに靴を戻すことができる工場に送られ、一緒にリソールすることだったでしょう。しかし、ここで問題なのは、多くのメーカーが、第三者、つまりコブラーが靴を加工していた場合、工場でのリゾーリングを受け付けていないことです。つまり、現実には、靴を比較的優しく修理することができますが、大規模な修理が必要で、オリジナルのラストを使用する必要がある状況では、修理がはるかに困難である家庭でコブラーを使用するかどうかを選択する必要があります。この場合、アッパーレザーが新しいステッチで傷んでしまい、使用できなくなるリスクがあります。

なぜ工場がこのような要求をしているかというと、残念ながら世界中には悪質なコブラーがあまりにも多く、下手な仕事で靴を完全にダメにしてしまい、工場の仕事を根本的に複雑にしてしまうからです。良い靴職人だけが正しいことをやっていれば、工場は第三者が修理した靴を受け取るのに困ることはなく、普通に修理することができたのですが、悪い靴職人のせいでこの可能性はある意味台無しになってしまったのです。良い靴屋の修理した靴は受け入れるが、悪い靴屋の修理した靴は断るという工場が増えればいいと思いますが、そのための管理上の問題は理解できます。

En riktigt nedsliten Edward Green-sko, där man ser att plirbandet släppt och att även bindsulan är i mycket dåligt skick. Bild: Permanent Style

キャンバス地のリブや、インソールの状態が悪いのがわかる、エドワードグリーンのヘビーユーズドシューズです。

Här samma sko som ovan, där man sprättar bort randsömmen.

こちらは同じ靴で、グッドイヤーの縫い目をカットしたところ。写真Permanent Styleをご覧ください。

När det är dags att byta sula är det oftast antingen tån som är nednött så att den är nära randen, eller som här att sulan under "ballen", där mest trycks läggs, har nötts ner. Man bör dock undvika att låta det gå så långt så att det blir hål. Bild: The Understated Gent

リソール交換の時期には、通常、つま先がウェルトまで非常に磨耗し、足の甲の下に穴が開いていることが多く、この部分は靴に最も負担がかかる場所です。穴が開いてしまった場合は、靴の内部を傷つけてしまう可能性があるため、使用は避けてください。画像はイメージです。The Understated Gent (アンダーステート・ジェント)

グッドイヤーウェルトシューズのもうひとつの「寿命」は、インソールの交換が必要になった場合、オリジナルラストがあっても、底の取り付け部分の甲革の状態が良くても交換できない場合があることです。これは、アッパーレザーを低く引き下げ、キャンバスリブとウェルトに再び縫い付けることができるようになるまで長く引き下げることができない状態になってしまった場合です。多くのグッドイヤーウェルトメーカーで使われているインソールは、かつてのような高い品質を保っていないため、交換が必要になり、上記のような問題が発生することもあります。また、ハンドウェルテッドシューズのインソールよりも常にかなり薄くなっていますが、これはジェミングに伴う空洞のスペースを確保するためと、コストを抑えるためです。

Bassam på Larssons skomakeri i Göteborg har precis börjat sy dit en ny rand på en Goodyear-randsydd sko.

グッドイヤーウェルト製法の靴に新しいウェルトを手作業で貼り付ける職人さん。

En sko som halvsulats, där man alltså lämna midjan och bara byter delen som är i backen. Bild: St. James Style

地面に接する部分のみを交換するハーフソール交換を行った靴。写真はイメージです。St.James スタイル

A shoe in for a factory repair at John Lobb Paris in Northampton.

ノーザンプトンのJohn Lobb Parisで工場修理に出された靴で、ウェルトが剥がれ、キャンバスリブの加工が必要です。

今、それは私が上記のアドレスすべてのこれらの問題は、必ずしもグッドイヤーウェルト靴の所有者として発生する必要はありませんと言う必要があります。靴の大半は、これらの潜在的な難しさは、上部の良い状態で、まだそれらを resole するし、何も、靴の寿命に影響を与える限り行うことができます。率直に言って、グッドイヤーウェルトの靴のペアは、もう再ソールすることはできませんので破棄する必要がある人はまれな通常 1 つとにかくあまりにも悪い全体の状態のため、再ソール、お金の価値がない感じ、1 つの新しいペアを購入します。しかし、グッドイヤーウェルトの靴は、永遠に修理が可能であるかのように売り出されることが多いので、やはりリソール回数に限りがあると言えると思います。ここでは、また非常に個々 の非常に多くの異なる要因に影響を与える何回特定の靴を再ソールすることが可能です、両方にさらされる、どのように作られています、どのようなケアの範囲、およびそうです。ほんの2〜3回から6〜7回まで、何でもありです。しかし、グッドイヤーウェルト工法が靴を大量生産する方法であることはどうしようもありません。今でも優れた工法ですが、大規模に安く生産できる機会は、その問題をもたらします。

西ヨーロッパの靴職人では、グッドイヤーウェルト製法の靴のハーフソール交換(ヒール交換を含む)は約90ユーロ、フルソール交換は約170ユーロ(ウェルトの交換が必要な場合、またはクローズドチャンネルソールを希望する場合はさらに費用がかかります)です。工場では、100ユーロから250ユーロの間です(メーカーに直接メールで問い合わせるのが一番です)。

 

レゾルビングハンドウェルテッドシューズ

今、いくつか既に上記のセクションで言われているが、何基本的に無制限の回数を解決する可能性を持つ手溶接靴は、インソールと唇/ holdfast は、ユニット、holdfast は厚いインソールを彫刻されているという事実だけです。強力な holdfast を取得するには、良い長期的なインソール素材は、一般的に全体のインソールは常に良い品質とグッドイヤーウェルト靴よりもかなり厚いことを意味、目的に適合する必要があります。純粋な構造上の利点は、前述の通り、手溶接の場合、常に靴職人の縫い目が使われ、インソールとアウトソールの間にできる空洞が薄くなるため、フットベッドにコルクペーストの代わりにコルクプレート、多孔質革、フェルト(これはいくつかの利点を持っています)を使用することも可能です。

Här ser man hur tjock en bindsula är på en handrandsydd sko. Det långfibriga lädret formar sig väl efter foten och fyller till mångt och mycket själv den funktion som korken gör på en Goodyear-randsydd sko, med den skillnaden att den är betydligt mer beständig. Bild: Candi Cobbler

ハンドウェルテッドシューズのインソールがいかに厚いかをご覧ください。長繊維の革は足によく馴染み、グッドイヤーウェルトシューズのコルクペーストの機能を受け継いでいます。画像はイメージです。Candi Cobbler.

Här (och på översta bilden) ser man hur tajt en handrandsydd konstruktion blir, med knappt något hålrum som behöver fyllas ut.

Here (and on the top image) you can see how tight a hand welted shoe becomes, with basically no void that needs to be filled. Top picture: DWフロマー

ハンドウェルトシューズのウェルトを交換する場合、メーカーに送り返す際も必ず既存の穴に縫い目を入れるため、グッドイヤーウェルト修理に比べると素材にかかる負担が非常に少なくなります。アウトソールの縫製は、RTWのハンドウェルテッドシューズではミシンで行う場合もあり、ハンドウェルテッドシューズを修理するコブラーもソールの縫製はミシンを使うことが多く、その場合ウェルトにどんどん穴が開いていく摩耗が目立つことがあります。しかし、私たちは手縫いのため、ウェルトを無期限で交換できるという利点があります。ソールの縫製を手作業で行うメーカー(例えばステイン・クリスピンズやエンツォ・ボナフェではなく、ヴァスやベステッティなど、ほとんどすべてのビスポーク靴メーカー)に靴を送り返すと、ウェルトの外側にある既存の穴が使われるので、負担が少なくなるのだそうです。

以上のような理由から、ハンド・ウェルト製法の靴は、一生涯、同じウェルトで管理することができるのです。例外もありますが、例えばこの点では、ソールエッジが非常にタイトにカットされている場合、リソールの度にウェルトのある側とソールエッジを均一にサンドする必要があるため、毎回エッジを少し削る必要があるというデメリットがあります。最終的には、縫い目や甲革に近づいてしまうので、ウェルトを交換しなければなりません(これはグッドイヤーウェルトの靴にも当てはまります)。

コブラーで機械によるハンドウェルテッドシューズのリゾーリング費用は、グッドイヤーウェルテッドシューズと同じで、ヒールを含むハーフソール交換で約90ユーロ、フルリソールで約170ユーロです。メーカーでも、手仕事や改修の度合いなどによって150~500ユーロと、価格水準はまちまちです。

 

ラバーソール

革底と比較して違いは、ほとんど常にゴム底の靴に完全な再ソールすることですこの上の小さなセクションを追加します。ラバーソール全体を購入し、それをすべて変更する可能性があります、また、古いものと新しいラバーソールの間の接続を行うには複雑な、また、かかとが摩耗して、とにかく変更する必要がある場合が多いので、単純に。

したがって、価格レベルは、ちょうどグッドイヤーや手溶接靴のフルレソールの場合と同様に、上記を参照してください。