東京の伊勢丹メンズの靴売り場は、靴天国と呼ばれることが多く、1,000 を超える靴のモデルが展示されています。国内外の紳士靴シーンに多大な影響を与えてきた部門です。ヘッド バイヤーの福田隆氏がこのトピックについて、新しいブランドを導入する際にどのように機能するか、ますますデジタル化が進む世界でブランドの関連性をどのように維持していくかなどについて語っています。

 

Takashi Fukuda.

福田崇。写真: 伊勢丹

靴部門のヘッドバイヤーは福田隆さん  伊勢丹メンズ 伊勢丹メンズの靴棚に並ぶものに多大な影響を与えてきました。

伊勢丹は日本の百貨店チェーンで、東京都心の新宿に巨大な旗艦店があります。そこには、女性のファッションなどに特化した建物が 1 つと、男性の服とアクセサリーだけの建物が 1 つあります。伊勢丹メンズの靴部門は、高品質の靴に関してはおそらく世界最大の部門です.ローエンドのブレイク ステッチ シューズから世界最高のビスポーク シューズまで、そしてその間のあらゆるものを取り揃えている、靴愛好家にとって素晴らしい場所です。私は通常、年に 1 回、日本と東京を旅行します。到着した初日には、必ず伊勢丹メンズ館に直接向かい、棚を見て回り、前回の訪問以降の最新情報を確認します。

Shoes, shoes, shoes.

靴、靴、靴。

日本だけでなく世界中の高品質の靴メーカーにとって、伊勢丹メンズは代表的な唯一の一流店です.彼らは、米国と並んで高品質の靴の最大の市場である日本人の間で何が人気になるかに大きな影響を与えます.また、世界中の他の店舗や靴代理店が常に伊勢丹メンズに注目しているため、ここで見つけたものは、ヨーロッパ、アメリカ、その他の場所でもすぐに注目を集めることがよくあります.

いくつか例を挙げると、ハンガリーのブランド Vass を有名にした人気の U ラストと F ラストは、伊勢丹メンズ向けに開発され、イタリアのビスポーク シューメーカー、ロベルト ウゴリーニがデザインを担当しました。また、スペイン・中国の人気ブランド「メールミン」は伊勢丹メンズで販売され、ヨーロッパなどで紹介されました。

そこで、伊勢丹メンズが日本と海外の靴業界に与えた影響、新しいブランドを導入する際の仕組み、ますますデジタル化が進む中で関連性を維持する方法について、福田隆氏に話を聞きました。世界。福田隆史は英語が上手ではありません。寛大であることを願いますが、とにかく聞き上手だと確信しています。

以下のエピソード、またはお好みのポッドキャスト プレーヤーでお聴きください。 シューゲイザー ポッドキャスト の全エピソードはこちらからご覧いただけます。ポッドキャストが気に入ったら、ポッドキャスト プレーヤーで高評価またはコメントを付けてください。