Gaziano & Girlingにオーダーした靴の製作過程を紹介するシリーズの第2弾です。今回は、採寸から始まり、最初のラスト作成、パターン作成、テストシューズの製作、そしてファーストフィッティングの様子をご紹介します。

この記事のシリーズを読む(パート1 これ.

 

Gaziano & Girling’s 別注部門の責任者で、ラストメーカーとして雇われながらも、夜間や週末に製作も行うダニエル・ウィガンは、まず、UK10 F幅(エクストラワイド、EはG&Ang&Gの標準)のMH71ラストを木材でサプライヤーのスプリングラインに注文しました。これは私が同社のRTWシューズで持っているサイズであり、いろいろな意味で私には合わないのですが、私のシューズに欲しいMH71シェイプである以上、これで始めるのはもちろん論理的なことなのです。そして、ダニエルは私の足のサイズと情報をもとに、ラストの素材を取り除き、追加して、フィット感を修正し、私のためのパーソナルラストを作ってくれます。ご存知のように、最近のフルオーダーメイドでは、木の塊からラストを削り出すことは非常に珍しく(ダニエルも時々やっていることですが)、ほとんどの場合、ベースとなるラストがあるのです。そして、素材を削る必要があるところはやすりで削り、革を木に接着するいわゆる「フィッティングピース」を付け、積み上げる必要があるところはやすりで削って形を整えていくのです。その間ずっと、寸法やアウトラインなどの違いに立ち戻って比較します。

 

Here's the base lasts directly from the last factory.

最後の工場直送のベースラストはこちらです。

Here Daniel has started to convert the lasts to fit me. If you start from the left you see a roughly cut out leather piece which then is glued in place, on the inside of the other last you have a leather piece already in place which he started to shape, and on the outside of that you have a fitting piece that is finished.

ダニエルはここで、ラストを私に合うように変換し始めました。左から見ていくと、大まかに切り取られたレザーピースがあり、それが接着剤で固定されています。もう一方のラストの内側には、すでにレザーピースがあり、彼が形を整え始め、その外側には、フィッティングピースが完成しています。

 

ラストの最初のバージョンが完成すると、ガジアーノ&ガーリングは、比較的大きな範囲で最終的な靴に近いテスト用の靴を作ります。この靴は、顧客が注文したものと同じモデルとパターンで作られ、革のヒール補強、グッドイヤーウェルトなど、同社のすべてのRTW靴とほぼ同じ構造基準で作られますが、低品質の革と一部の安価なゴム底などが使用されます。彼らは、テストシューズを会社のオーダーメイド研修生が様々な部品について練習する良い機会だと考えていますし、実際に注文されたものと多くの点で似ているテストシューズを作れば、顧客は最終結果についてより良い考えを持つことができるのです。
今回作ってもらう靴は、渋めのブローグです。ヴァンプのウィングの中央部分に、G&GのRTWモデル「コンノート」の作り方とは少し違う部分を指定しておいたのですが、ダニエルはこのパターンで作業する際、工程中にそのことを私に相談してきたのです。ダニエルがこのパターンで作業するとき、途中で私に相談したのですが、私の思い通りになるまでに、写真と説明文の面白いやり取りがありました。

 

This is the first version of the front part of the pattern that Daniel made.

これは、ダニエルが作ったパターンの前部分の最初のバージョンです。彼はコンノートに比べて中央部を少し細長くしていましたが、私の思い通りのカーブにはなっていませんでした。

I sent him this picture with the modification drawn out.

改造を描き込んだこの写真を送りました。

Daniel tried again...

ダニエルは再び試みた…

...I corrected him...

…また訂正してしまった…。

...and finally he got things the way I wanted it to be.

…そして、ついに私の思い通りになったのです。

 

Daniel Weganは先週の土曜日、Shoegazing Super Trunk Showに参加し、その前の金曜日に、このブランドを販売し、スウェーデンのGaziano &; Girlingのエージェントも務めるSkoaktiebolaget に行き、その機会に試着をさせてもらったのだそうです。ダニエルは、最初のフィッティングの前には、顧客の足の解釈、寸法、サイズ、フィット感の好みなどが全く分からないので、いつも少し緊張するという。試着してすぐにわかったことは、特に小指の部分がきつすぎて、かなりつまるということです。ダニエルによると、最初のフィッティングでは、通常少し小さめに作っているそうです。

彼は、靴のいろいろな箇所をつまんで触り、ペンでいろいろな描き方をして、どこをどうすればいいのか印をつけます。同時に、私は自分がどう体験したかをすべて伝え、前がきつすぎることを除けば、アーチとかかとの周りはすでにかなりフィットしている。ただし、左の靴のアーチを少し取る必要があり、内甲丸のすぐ後ろの部分を両方の靴のラストでもう少し切り詰める必要がある(今回は外反母趾の問題があり、「こぶ」を押さないことが必要なので余計大変だ)。また、以前からタコができやすかったので、タコが再発しないように、かかとに小さなフィッティングパーツを追加する必要があると思います。

 

Daniel Wegan with some nerves ahead of the first fitting session.

最初のフィッティングを前に緊張気味のDaniel Wegan氏。

On the feet.

足元に。

Here you can see that they are snug over the pinky toe area where it pushes out a bit.

ここでは、小指の部分が少し押し出された状態でぴったりと装着されているのがわかります。

Daniel pinches and feel on your feet to help determine what corrections need to be made. It uses a shorter heel, like on RTW, than for finished bespokeskorna to feel and see clearly how they follow the arch, and also to see how earing becomes. To interpret earing test the shoes are part of the produce which fit corrections need to be made.

ダニエルが足をつまんで感触を確かめ、修正すべき箇所を判断します。このテストでは、完成したオーダーメイドシューズよりも短いヒールスティフナーを使用し、アーチにどのように沿うか、またどのようにシワが伸びるかを明確に感じ、確認することができます。 このテストでは、フィット感を高めるためにどのような補正が必要なのかを知るために、靴に刻まれたシワを読み取ることも手順の一部となっています。

Everything is marked out on the shoes with a pencil.

すべて靴の上に鉛筆でマーキングしています。

そして、フィッティングの中で最も華やかな瞬間、ダニエルが靴のパーツを切り刻むときです。G&Gのオーダーメイドについての最初の投稿で述べたように、ダニエルは各オーダーについてできる限り多くの情報を集めようとしており、すべてが各ペアの生産に使われるわけではありませんが、彼はそれを学び、ゆっくりとしかし確実に、できるだけ多くの異なる側面についてのより大きく幅広い知識ベースを得ています。靴に穴を開けるのは、部分的に空間の見え方をイメージしやすくするためです。なぜなら、オーダーメイドの靴を作るときは、基本的にどこもかしこもできるだけ隙間がないようにすることで、窮屈になったり不快になったりすることがないようにするためです。例えば、ダニエルはヒールをカットしたときに、インソールの裏側に無駄なスペースがあったので、少し小さくすることができると指摘しました。もちろん、ヒールはそのままで、いわゆるフェザーエッジ、ラストの下縁の裏側を上に移動させるだけです。

ダニエルは今、真剣に本当に良いフィット感に近づき始めるために必要な修正を実行します。足の小指のスペースを確保するために、ラストの内側にも少し、実際にはほとんどを追加して、いわば私の足をそちら側に移動させ、外側にスペースを確保することになるだろうと話し合ったのです。そして、新しいテストシューズが作られることになります。ほとんどの場合、彼は少なくとも2回のフィッティングを行い、最初のフィッティングでは、修正すべき点がたくさん見つかりますが、2回目以降は、ラストが完成して本物の靴が製造される前に変更する必要のある小さな点だけになることを期待します。ほとんどの場合、彼は私に新しいテスト靴を送信するだけで、評価と私の意見を提供することができますし、写真を撮る、十分なはずです。しかし、今は、パートとパートの間はそれほど早くはないので、この連載の次回の最終パートは、来年のいつかに発表されることになりそうだ。

 

 

On with the knife.

ナイフで

Voilà. As you can see the toe stiffener is made of celastic, which is plastic impregnated fabric. This is basically used on all factory made RTW shoes. It's the material in the heel stiffeners that differs between price and quality ranges.

出来上がりです。ご覧の通り、つま先の補強材はプラスチック含浸布であるセラスティックでできています。これは、基本的にすべての工場で作られた RTW の靴に使用されます。価格と品質の範囲で異なるのは、かかとの補強材の材料です。

And here they use leather heel stiffeners that are really thick (same as for RTW as mentioned) which are very hard to cut through. Only difference for this stiffeners that are used for RTW is that they don't go as far forward at the arch.

出来上がりです。ご覧の通り、つま先の補強材はプラスチック含浸布であるセラスティックでできています。これは、基本的にすべての工場で作られた RTW の靴に使用されます。価格と品質の範囲で異なるのは、かかとの補強材の材料です。

Time to put them on again.

再び装着する時が来た。

Here you can see that the insoles goes a bit too far back at the heels, so that there is unnecessary space.

このように、インソールはかかとの部分が少し奥に入りすぎていて、無駄なスペースがあるのがわかります。

On the finished shoes Daniel Wegan will make reinforcement pieces in leather that goes all the way from the heel- to the toe stiffener, at least on the inside of the shoes. This will then be hollowed out at the outer ball area to give some extra relief for my hallux valgus issues while keeping the look as good as possible.

Here you can see the thick leather heel stiffeners.

ここでは、厚い革のヒールスティフナーを見ることができます。